第2回事業者セミナー&交流会

食のプラットホームの『第2回事業者セミナー&交流会』(平成29年9月16日開催)には、104名(62(社・団体・生産者))の方々に参加していただきました。

第2回事業者セミナー&交流会 チラシ

○セミナー
 株式会社福島屋 代表取締役会長 福島徹氏より、『地域コミュニティで解く!現代版!!「商品作り!事業作り!」』をテーマに、福島屋での取組やこれまで実践してきた「F-DESIGN」プロジェクトについて講演していただきました。
 商品づくりは、外(既存の概念)から入るのではなく食の本質から考えること、「美」は普遍的な価値観であり作り手として常に意識することで様々な取組を好転させる、といった秘訣や、コラボによりコミュニケーションを重ね付加価値を生み出した事例など、実体験に基づく講演は参加者からも大変好評でした。
○パネルディスカッション

 福島徹氏が提唱する「F-DESIGN」の三本柱をテーマに、各パネラーの皆さんが日頃実践している取組を中心に議論を深めました。生産者・食品加工メーカー・販売者・消費者など、食に関わる者同士が、同じ価値観や考え方で食に向き合うことの意義を共有しました。 


<F-DESIGNの三本柱>

Ⅰ 素材を大切にする

Ⅱ 食を整える

Ⅲ 四位一体


<パネラーの皆さま>

①川添ヤギ牧場 代表 川添 建太郎(生産者代表)

②(株)スウィーツ 代表取締役 春田 聖史(食品加工メーカー代表)

③(株)土佐山田ショッピングセンター 代表取締役社長 石川 靖(販売者代表)

④(株)高南メディカル 栄養士 伊藤 明日香(消費者代表)

●(株)福島屋 代表取締役会長 福島 徹(講評)

●国立大学法人高知大学 副学長 受田 浩之(コーディネーター)

 
○交流会(試食・試飲会)
 参加者が持ち寄った4事業者6商品の試食・試飲会を開催し意見交換を行いました。

 
第1回事業者セミナー&交流会

食のプラットホームのキックオフとなった『第1回事業者セミナー&交流会』(平成29年6月17日開催)には、105名(67社・団体・生産者)の方々に参加していただきました。

第一回事業者セミナー&交流会 チラシ

タイムスケジュール、食のプラットホーム事業説明

○セミナー
 株式会社ローソン商品本部北海道商品本部長 稲葉潤一氏より、『売れる商品づくりの勘所』をテーマに、ローソンでこれまで実践してきた商品開発について講演していただきました。
 誰に対して何を売るかという企画段階で情報をどのようにインプットするか、どのような切り口で商品を創り出すか、商談において相手を知ることの重要性など、豊富な実例とともに実体験を交えた講演は、参加者からも大変好評でした。
○商品素材プレゼンテーション
 下記の事業者の方々から、商品開発事例(①)や生産から加工までの取組(②)、素材の成分分析による差別化(③)についてプレゼンテーションをしていただきました。参加者からは、「実体験の話が役に立つ」などの感想をいただきました。
①『戦わない商品づくり』 ㈲高知アイス 営業部長 森下伸広氏
②『自家農園グァバのまるごと活用を目指して』 エンジェルガーデン南国 代表理事 西川一司氏
③『高知県産・野草茶の魅力』 香稜苑 代表 土田美穂氏
 
○交流会(試食・試飲会)
 参加者が持ち寄った5社6商品の試食・試飲会を開催し意見交換を行いました。また、参加者同士での交流を深め、ネットワークの拡大につながる機会となりました。